ロッジ山の音

周辺観光案内

大自然の中のスポーツと、善光寺、戸隠神社、そば、温泉などなど

飯綱高原

大座法師池

大座法師池

「大座法師池」は、はるか昔、巨人のデーダラ法師(ダイダラボッチ)が飯縄山に腰を下ろし、一歩足を踏み出したときの足跡に水が溜まってできた池、と伝えられています。

池の周囲には遊歩道があり、20分程度で回ることができます。また、春から秋までキャンプと貸しポートがオープンし、釣りなどで、多くの人々に愛されています。

大座法師池の周辺には、キャンプ場、ボート場、フィールドアスレチックのほか、点在する池をめぐる大自然ウォーキング、テニス、ゴルフ、乗馬、スキーなどが楽しめ、飯綱高原は四季を通じて楽しめるスポーツの楽園となっています。

飯綱高原観光案内(飯綱高原観光協会HP)

信濃路自然遊歩道

飯綱高原から戸隠方面へとつながる遊歩道で、大座法師池から一の鳥居跡までが飯綱高原ルート(所要1時間)、一の鳥居跡から戸隠方面までが戸隠ルート(所要2時間)です。

一の鳥居跡までの途中には大谷池の湿原があり、4月下旬から5月上旬にかけては水芭蕉やリュウキンカが咲き誇ります。

小天狗の森アスレチック広場

小さな お子様からパパ・ママも一緒に楽しめるアスレチック広場です。森林の中に設置されているので、体を動かす運動が楽しみながら行えます。(4月下旬〜11月中旬)

http://www.iizuna-kougen.com/1240764299821/

長野市ボブスレー・リュージュパーク

長野オリンピックのボブスレー・リュージュ会場として使用された、世界最南端に位置するボブスレー・リュージュ・スケルトンの兼用競技施設です。愛称はスパイラル。

http://www.skeletonnavi.com/product/spairal.html

飯綱高原乗馬倶楽部

飯綱乗馬倶楽部

四季の変化に富んだ自然環境の緑と澄んだ空気の中で乗馬する時の気分は最高で、快感です。 また、天気の変化に影響されることなく、全天候に対応できる屋内馬場などの施設を完備し、いつでも乗馬ができる環境を設けてあります。 (予約要)

飯綱高原乗馬倶楽部

▲topへ戻る

戸隠神社

神代の昔、世の中を明るく照らす天照大神が弟神の乱暴に怒り天岩戸にお隠れになった時、困った神々が考えた末、歌や踊りの宴会を開きました。その騒ぎを不思議に思い天照が少し戸を開けた時、すかさず天手力雄命が岩戸を投げ隠し、飛来した天の岩戸が現在の姿になったといわれるのが戸隠山です。

その地にある戸隠神社は奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなり、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に携わった神々をお祀りしています。

平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場となりました。神と仏が同居する神仏混淆の山岳宗教の中信として栄えました。修行者や戸隠講の宿泊施設は「坊」といい、「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山・高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどだったといいます。

江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、農業、水の神としての性格が強まりました。山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。

戸隠神社

戸隠の観光スポット

戸隠民俗館・戸隠流忍法資料館
戸隠の民具2000点を江戸時代の穀倉に展示。忍法資料館はからくり屋敷もあり、大人から子供まで楽しめます。(冬季休業)
ちびっ子忍者村
忍者屋敷、からくり迷路、忍者アスレチックの森など、大自然の中で冒険が楽しめます。(冬季休業)
ちびっ子忍者村
とんくるりん(戸隠そば博物館)
そば打ちの体験とそばの道具の展示。名人が指導してくれます。展望苑からのそば畑、山々の眺めも見どころ。(冬季休業)

戸隠観光協会

▲topへ戻る

善光寺

善光寺は長野市に位置する無宗派の仏教寺院です。山号は定額山。

日本において仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、宗派の別なく宿願が可能な霊場と位置づけられています。 本尊は善光寺式阿弥陀三尊の元となった阿弥陀三尊像で、絶対の秘仏であり、その姿を目にすることはできません。

善光寺本堂は1953年3月、国宝に指定されました。また、三門と経堂は重要文化財となっています。本堂では床下の真っ暗な通路を通り「極楽浄土への錠前」に触れる「戒壇巡り」が体験でます。

長野は善光寺の門前町として発達した都市として、古くから長野盆地を「善光寺平」と称していました。

7年に1度、秘仏の本尊の代りである「前立本尊」が開帳され、毎回多くの参拝客が訪れています。

信州善光寺

長野市周辺の観光

松代城跡 長野市街地から南西方向に位置する松代は真田十万石の城下町。2004年には真田氏の居城を中心に大規模な復元も終えて、古色漂う町並みに生まれ変わりました。

ながの観光net

▲topへ戻る

そば処

信州は言わずと知れたそば処。なかでも長野市には個性豊かなそばが勢ぞろいしています。

長野市そば歳時記(そば店MAPあり)

戸隠そば

霊峰戸隠山への信仰を背景に、この地が修験道場として栄えた平安時代に修行僧の携行食糧として村にもたらされたのが「そば」であったと伝えられています。

当時のそばは修行僧の食事ということからそば粉を水で溶く程度のものであり、やがて「そばがき」や、こねたそば粉を焼く「そば焼き餅」が作られるようになったのではないかと考えられています。

そばという作物は、どちらかといえばやせた水はけのよい土壌を好みます。また春遅く冬が早い地域でも収穫可能です。しかも夜の気温差が大きいほど実が締まった、タンパク質やグルテンに富んだ良質なそばとなります。この条件をみごとに満たしたことが戸隠にそばが根付いた大きな理由です。

そばが実る頃、霧に覆われていることが多い気候のもとで作られる戸隠の「霧下そば」は、香り高く味も栄養価もすぐれ、そばの中でも絶品といわれます。

善光寺寺町そば

「遠くとも一度は詣れ善光寺」と詠われる善光寺。江戸の頃も今も変わらず賑わう門前には、そば店が多く、自慢の味を競い合っています。

寺町のそば屋さんのそばの特徴は、周囲に良質なそば産地を控えるそば処ならではの「挽きたて」、切れ目なくお客さんが訪れるゆえの「打ちたて」「ゆでたて」の美味しさです。

 全国から訪れる参拝客の舌に磨かれ、二八(つなぎ:そば粉の割合が2:8)は当然、九一、相当の腕がないと無理といわれる十割のそばを提供する職人も少なくありません。

 

そば好きにとっての定番“もり”、一方、種々の“種物そば”もなかなか粋なものです。麩、鶏肉、椎茸等さまざまな具をのせた温そばは彩りよく栄養バランス抜群です。

 

▲topへ戻る

温泉

戸隠神告げ温泉
中社ゲレンデの真下の温泉です。休憩所、食事処あり。戸隠そばも食べることが出来ます。
戸隠神告げ温泉
国民宿舎 松代荘
武田信玄の隠し湯として兵士を癒したという特殊な茶褐色の湯。日帰りからご宿泊まで県内外から多くの人に利用されています。
TEL026-278-2596
国民宿舎松代荘ホームページ
鬼無里の湯
「鬼女紅葉洗心の湯」とも呼ばれ湯の心地よさと自然豊かな環境に心洗われます。
TEL026-256-2140
鬼無里の湯
牟礼温泉 天狗の館
霊仙寺湖と北信五岳を望む日帰り温泉入浴施設。大浴場、露天風呂、健康風呂が揃い、床暖房が設置された館内には、大広間、レストラン、大展望テラスなどがあります。
TEL026-253-3740
むれ天狗の館

▲topへ戻る


Copyright © 2014 ロッジ山の音 All rights reserved.